投資信託

ひふみ投信とは?運用成績や特徴、メリットなども説明します

ひふみ投信という名前を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。でも、聞いたことがあるだけで、以下のような疑問はありませんか。

・ひふみ投信ってどんなところなの?

・運用成績はどうなの?

・特徴やメリットは?

この記事では、こうした疑問にお答えしていきたいと思います。記事の概要は以下の目次をご参照ください。
順番に説明していきますね。

ひふみ投信とは

レオス・キャピタルワークスという会社が設定・運用・販売をしている投資信託です。主に国内株式を中心に投資しています。インデックス型ではなく、アクティブファンドに分類されます。

ひふみ投信は、販売会社(銀行や証券会社)を経由せず、レオス・キャピタルワークスが直接販売する投信直販の投資信託です。

R&Iファンド対象2019では最優秀ファンド賞(投資信託10年/国内株式部門)を受賞するなど様々な賞も受賞しています。

ちなみに販売会社経由で販売している投信は「ひふみプラス」と呼ばれています。

ひふみ投信の特徴

ひふみ投信は、以下の2つが大きな特徴と言えます。

・ファンドマネージャーがカリスマ

・お客とのコミュニケーションに積極的

順番に説明していきますね。

ファンドマネージャーがカリスマ

ひふみ投信のファンドマネージャーは業界では有名な藤野英人さんが務めています。

藤野さんは、中小型および成長株の運用経験が長く、ファンドマネジャーとして約30年のキャリアを持たれています。

「守りながら増やす」という運用方針のもと、ご本人が「地味で地道な会社」と表現する中小型の企業を実際に訪ねて調査した「足で稼いだ情報」で投資しています。

実際に見て目で確かめた先に投資をしているということは、資産運用を任せる側としても信頼がおけますよね。

藤野さんの書籍も紹介しておきます。

顧客とのコミュニケーションに積極的

ひふみ投信では、「顔が見える運用」を意識しており、

・セミナー

・動画配信

などを通じて、顧客とのコミュニケーションを積極的にはかっています。初心者向けのセミナーなどもあるようです。

ひふみ投信の運用成績は?

ひふみ投信の直近1年の運用成績について、日経平均と比較してみました。

1/412/27騰落率
ひふみ投信39,770円50,334円+26.5%
日経平均19,655円23,838円+21.2%

日経平均の上昇率が21.2%に対し、ひふみは26.5%の上昇と日経平均をアウトパフォームしています。

また、ひふみ投信は、モーニングスター総合レーティングで星5つを獲得しています。

このレーティングは1つ星から5つ星まで5段階のランクがあり、星の数が多いほど過去の成績が良かったことを示しています。

星5つは上位10%以内の成績のファンドということですので、過去からも安定した実績を挙げている非常に信頼できるファンドと言えると思います。

(1)モーニングスターレーティングの計算手法
モーニングスターリターン - モーニングスターリスク によって計算された数値をモーニングスターカテゴリー(小分類内)内で降順に並べ、数値の大きいものから下記の分布状況に添った形でランク付けを行う。
・★★★★★ :上位 0.0%~10.0%
・★★★★  :上位10.0%~32.5%
・★★★ :上位32.5%~67.5%
・★★ :上位67.5%~90.0%
・★ :上位90.0%~100.0%

モーニングスターHPより引用)

ひふみ投信のメリット

ひふみ投信の特徴や運用成績がわかったところで、他に何かメリットがないか気になりますよね。ひふみ投信のメリットをまとめてみましたので、順番に説明していきます。

買い付け・解約手数料無料

一般的に銀行や証券会社の窓口で投資信託を購入する場合、販売手数料という手数料がかかることがあります。手数料率は、様々ですが、3%程度の販売手数料がかかることもあります。

例えば、5,000,000円(500万円)投資信託を購入した場合、手数料が3%とすると、150,000円(15万円!)も手数料を取られることになります。

投資信託による資産運用で3%の利益を上げるのは簡単ではありません。運用開始時点で3%も負けてしまうわけですから、手数料は少ないほど良いのです。

その点、ひふみ投信であれば、手数料無料ですから、銀行や証券会社で購入するより間違いなくお得ということです。

・振込購入に際しての送金手数料は自己負担
・ひふみ投信は保有時に別途、信託報酬年率0.980%(税抜)が発生
・ひふみワールドは保有時に別途、信託報酬年率1.480%(税抜)が発生

少額から始められる

少額から始められるのもひふみ投信のメリットです。最低金額1,000円から購入することができますので、投資初心者の方でも安心して始められます。

もちろん、少額でも買い付け・解約手数料は無料です。

長期保有者に優遇あり

ひふみ投信には、顧客の長期投資をサポートする「資産形成応援団」というサービスがあります。

これは、ひふみ投信の保有期間に応じて、信託報酬(投信保有者が運用会社に支払う報酬=費用)を軽減するというものです。

保有期間ごとの還元率は以下のとおりです。ひふみ投信は信託報酬が0.980%ですから、10年以上保有し続ければ、4割引きにになるということですね。

保有期間還元率
5年以上0.2%(ひふみワールドは0.1%)
10年以上0.4%(ひふみワールドは0.25%)

NISA・積立NISAでも利用が可能

ひふみ投信、ひふみワールドはそれぞれ下の表のとおり、NISAやつみたてNISAの対象の投資信託となっています。節税メリットを活かしながら、コツコツとつみたて投資ができます。

ひふみ投信NISA・つみたてNISAの対象
ひふみワールドNISAの対象

こんな方におススメ

ひふみ投信の特徴やメリットなどを説明してきましたが、どのような方にひふみ投信はおススメなのでしょうか。

私なりの、こんな方に特におススメというのをご紹介します。

20代~30代の資産形成層の方

投資信託というと、ある程度の資産を持っている人が買うイメージですが、20代~30代の資産形成層の方に是非活用して欲しい投資商品です。

特にひふみ投信は、

・NISAやつみたてNISAで節税が可能

・長期保有の投資家に優遇がある

・少額から始められる

・直販なので、売買手数料が無料

という観点で、若い世代が長い期間をかけて資産形成していく投資スタイルにマッチします。

なお、日本株が中心の投資になりますので、リスク分散という観点では、ひふみ投信に偏らないように注意しましょう。

これからはアクティブ型投信の時代だと思う方

ひふみ投信は、国内の企業を厳選して投資を行っていくアクティブ型の投資信託です。

ここ何年もアクティブ型投信は、パッシブ型(ベンチマーク指数連動型)投信に大きく劣後してきました。

そのため、アクティブファンドの淘汰が進み、力のあるファンドだけが残ったと考えている人もいると思います。

そういった方には、運用歴も長いひふみ投信は投資対象として考えられるのではないでしょうか。

全くの投資初心者

「投資の経験はないけれどもひふみ投信という名前は知っている」という方もいらっしゃると思います。

少額から始められ、販売手数料もかからないという観点で、これから投資を始めたいという投資初心者の方にもおすすめです。

ファンドマネージャーの藤野さんの著書も見ていただくと、藤野さんがどのような理念で運用しているかの理解が深まると思います。

created by Rinker
ダイヤモンド社
¥1,650
(2021/07/29 14:08:59時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

いかがでしょうか。ひふみ投信に関する

・ひふみ投信ってどんなところなの?

・運用成績はどうなの?

・特徴やメリットは?

といった疑問にお答えしてきました。

様々な賞を受賞したり、運用実績も十分にある信頼性のある投信だということがお分かりいただけたと思います。

口座開設は無料ですので、興味をお持ちになった方は公式サイト(ひふみ投信)をご覧になってはいかがでしょうか。

この記事が何かの役に立てば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。